果物は要注意!炭水化物、アルコールはNG!

糖質制限ダイエットのための献立・レシピと補助食品

HOME>制限すべき糖質の多い食品

制限すべき糖質の多い食品

糖質制限ダイエットは、その名の通り糖質を多く含む食品を制限するダイエットです。どんな食材に多く含まれるのでしょうか?多く含まれる食品を知って、制限しましょう。

炭水化物はNG

パンやご飯、スパゲッティなどの主食となる食品です。普段摂る食事の中で、炭水化物は糖質が多く含まれエネルギー源となります。しかし、糖質制限ダイエットはこれらのエネルギー源をカットすることで体質を変えるダイエット方法です。しっかり、制限してダイエットしましょう。糖分が多い菓子類なども当然、制限します。

アルコールはもっての他!

酒には、糖分が多く含まれます。アルコール分を製造するのに酵母の働きが必要になります。酵母は、糖分を原料にアルコールを作ります。ですから、酒を造るには糖分が欠かせません。また、味を整えるために糖分がさらに追加されていることがあります。というわけで、酒類は禁物です。

果物は一部制限

糖質制限ダイエットは、様々なタームに分かれています。開始後の2週間は、徹底的に糖質を含む食品を制限します。その際、果物は糖質を多く含むため、制限します。その後のオンゴーイング(糖分の少ない食品を摂取する時期)には、体の栄養バランスなどを考えつつ少しずつ取り入れます。

  • バナナ
  • 温州みかん
  • パインアップル
  • キウイフルーツ
  • メロン
  • ぶどう

などは、果物の中でも糖質が高いと言われています。食べる量に気をつけたいですね。

糖質の多い野菜にも気をつけて

ほとんどの野菜はダイエット中食べることが出来ます。ただし、糖質を多く含む野菜もあります。効果を早く、確実に出すために、避けたほうがよい野菜を紹介します。

糖質の多い野菜

  • アスパラガス
  • たけのこ
  • ブロッコリー
  • たまねぎ
  • ニンジン
  • カリフラワー
  • キャベツ
  • カボチャ

特にカボチャは、糖分の多い野菜です。食べ過ぎに注意しましょう。

糖質が多く含まれる食品の中には、意外なものもあったかもしれませんね。ダイエット中の献立を作る際に、ぜひ参考になさって下さい。正しい知識を身につけて、ダイエットを成功させましょう。