野菜を中心にタンパク質やナッツで栄養摂取

糖質制限ダイエットのための献立・レシピと補助食品

HOME>食事制限中に積極的に食べたい食品

食事制限中に積極的に食べたい食品

食事制限によるダイエットの中でも、糖質制限ダイエットは気をつけるポイントが多い方法です。しかし、やり方を守ってきちんと管理しますと、短時間で高い効果を得る事が出来ます。ぜひ、ポイントをおさえてダイエットを成功させましょう。

糖質制限ダイエットに野菜は必須

糖質制限ダイエットでは、ご飯やパンなどの炭水化物を摂りません。ですから、他の食品で必要な栄養素を補う事になります。そのひとつが野菜です。ダイエットというと野菜を食べるイメージがあるかもしれません。正に、糖質制限ダイエットでは野菜をたくさん摂ることが大切です。かさが多いので満腹感を得やすいですし、ビタミンやミネラル類などを補給できます。

野菜の中でもおすすめなのが、

  • キュウリ
  • レタス
  • セロリ
  • モヤシ
  • 大根

などです。野菜の中でも特に糖質が少なく、水分も多いので積極的に食事に取り入れましょう。反対に、カボチャやたけのこ、にんじんなどは糖質が多いので制限するか、少量食べるようにしましょう。

タンパク質をたっぷり摂ろう

糖質制限ダイエットでは、タンパク質や脂質が主なエネルギー源となります。肉や魚、卵、豆類でタンパク質を補いましょう。豆や豆製品の中では、枝豆や豆腐、がんもどきなどは糖質が少ないのでおすすめです。良質なタンパク質をたっぷり摂って、健康にダイエットしたいですね。

ナッツ類でビタミン類を補給

ナッツ類は、栄養価の高い食品です。減量期以降の体を慣らす期間である、オンゴーイング期の間食としてぴったりです。一度に食べる目安は掌一杯分です。マカデミアナッツやくるみは、ナッツ類の中でも糖質が少ないです。反対に、カシューナッツは糖質が多いので注意しましょう。

いかがですか?どんな食品に糖質が多く含まれるか、少ないかを少し知っておくだけでも食事をする際に気をつけることが出来ます。慣れてきますと、難なく食事制限出来る様になります。糖質の少ない食品を積極的に取り入れて、ダイエットを成功させましょう。